【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

文京区でマイホームを購入する上で、最も重要なことを書きました。
以下のケースは文京区でよくある事例です。

「即決」できるくらいの事前準備をすることが重要

文京区「あるある話」

探し始めて早数か月。ようやく希望条件に合う物件が見つかった。

eigyou1-150x150 【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

営業マン
この物件は早めに決断していただかないと他で決まる可能性があります。
eigyou1-150x150 【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

お客様
そう言われてもすぐには決断できないわ。1週間ほど時間ください。
eigyou1-150x150 【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

・どうせ営業トークよね。
・親にも相談しないと。
・住宅ローンはどこにしようか。ローンは通るかな?
・そもそも「変動」と「固定」どう違うの?団信って?
・諸費用ってそもそもいくらかかるんだっけ?
・税金はいくら?住宅ローン控除の条件は・・いくら借りるのがいいのか?
・ほんとにこの物件で大丈夫かな・・・
・契約書関係、難しいことがたくさん書いてある。
・この会社は信用できるかな・・。などなど

このように「いざ決断をしなければならない時」には、必ずと言っていいほど不安な気持ちが押し寄せます。

当然だと思います。一生に一度あるかどうかの高額な買い物をするわけですから。誰かに急かされたくないわけです。決断するには時間がかかるんです。

1週間後・・・。
eigyou1-150x150 【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

お客様
あの物件、まだありますか?
eigyou1-150x150 【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

営業マン
他から申し込みが入り成約済みとなってしまいました。

eigyou1-150x150 【重要】マイホーム購入の秘訣!買い逃して後悔しないために。

「なんで言ってくれなかったんですか?」とならないように具体的に検討してる方には他から申し込みが入った段階でお知らせします。
けど、この時点ではもう遅いのです。また一から物件を探すことになります。

あなたが「いいな!」と思う物件には必ずライバルがいる!ということです。
あなたと同じような条件で探し、あなたと同じように悩み決断する方が。

新築マンションのように土地、戸建、中古マンションを買うときには「抽選」という制度はありません。いかに早く決断した者勝ちです。

人気エリアではこのようなやりとりはよくあります。
探し始めて数か月、1年以上経っている方はこんな経験をしたことあるのではないでしょうか。

申込が7件。「即決」しなければ買えなかった物件の話。

あなたは即決できますか?

平日の夕方、文京区のとある場所で物件情報が入りました。
私はその日の予定を全てキャンセルし、すぐに物件を確認しに行きました。

そして、私はあるお客様に電話をします。
留守電にメッセージを残し、折り返しの連絡をもらいその日の夜に物件を見に行きました。来てもらったのはご主人様だけです。

物件の確認後、ご主人はその場で申込を入れました。
そして、週末に無事契約となったわけですが・・・。

この物件は翌日には申込が7番手まで入りました。
1日遅れていれば他に取られていたのです。

なぜこのお客様は「即決」できたのでしょうか?

奥様は見ていません。それなのになぜ??
  • 住みたいエリア、間取り、予算が明確になっていた。(夫婦間の持分まで)
  • 住宅ローンの金利種別、借入額、借入先が決まっていた。(事前審査も承認済み)
  • 比較検討できるよう物件を実際に見て、「マンション」「戸建て」「土地」の特性を理解してた。
  • 教育環境について事前に知らべてた。(保育園、小学校)
  • 住宅購入にかかる諸費用、税金について勉強してた。
  • 契約書・重要事項説明書の雛形を見て勉強してた。
  • 夫婦間でお互い妥協できるポイントや希望条件についてよく話し合っていた。
  • 自分たちの希望条件に該当する物件が出たら「即決」する必要があることを理解してた。

 

このお客様は、希望する物件が出たときに「即決」できるくらいの事前準備を入念にしてたわけです。
「平日の仕事中でも何かおススメのものが出たら遠慮せず電話くれ」と私は言われてました。

マイホームを買うために自らも勉強し、不動産会社と上手く付き合い、積極的に行動したからこそ、誰もが欲しがる物件を買えたわけです。

2日で申込が7件入る物件は極端な話に聞こえるかもしれません。けど、文京区ではよくある話です。

マイホーム購入は人生の一大イベントです。購入してから後悔したくない。
そもそも購入する必要があるのか?家族と向き合い話し合って、無理のない計画を立てることが必要です。

私たちの仕事は物件を紹介するだけではありません。
不動産を購入する上でのメリット・デメリット、地域の特性や税務関係等の専門家としてお客様が安心して購入できるようサポートするのが仕事です。

このサイトではお客様がきっと知りたいであろう情報を発信していきます。
「土地」「戸建て」「マンション」それぞれ特性があり、物件の見るべきポイントや諸費用、購入の流れも異なります。
今後、分かりやすく事例を紹介しますので参考にしてください。