スポンサーリンク
2019年2月19日付 日本経済新聞朝刊
印社とヤフー、日本で不動産賃貸仲介 スマホで手続き完結

不動産賃貸業界に新しい風。私も独身時代にこんなサービスがあったらぜひ利用したかった。

ソフトバンクビジョンファンドが投資するインド発のホテルベンチャー「OYO(オヨ)」。設立は2012年。インドを中心に世界各地で格安ホテルチェーンを展開している企業。このほど、ヤフーと合弁会社を設立し日本の賃貸住宅事業に本格参入するそうです。

 

【家賃保証しながら、不動産オーナーの資産を完全に管理。不動産オーナーによる物件登録を募集中】

急速な勢いで取り扱い物件数を増やすインドのホテル運営会社OYO(オヨ)(創業者CEO:リテシュ・アガルワル、本社:インド)は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)と合弁会社を設立し、日本の賃貸住宅事業に本格参入します。
2019年3月上旬より、スマートフォンひとつで物件探しから入居、退去までができ、数日間の試し住みができる日本初のアパートメント(賃貸)サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」を開始します。

『旅するように暮らす』をコンセプトに新たな暮らし方を提案する「OYO LIFE」とは?
OYOは、ITを活用した不動産経営で世界8ヶ国でのブランド展開を行うグローバル企業です。今回、ヤフーとの資本提携により、合弁会社であるOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社を設立します。3月上旬よりサービス開始する「OYO LIFE」は、すべての部屋が家具家電付きに加えて、敷金・礼金・仲介手数料0円で提供します。

oyo 不動産賃貸業界に「黒船襲来」インド発のOYO(オヨ)ヤフーと本格参入
oyo 不動産賃貸業界に「黒船襲来」インド発のOYO(オヨ)ヤフーと本格参入

様々な媒体で取り上げられたことで、業界関係者に広く知れ渡りました。
すでにSNSではこんな反応が・・。

oyo 不動産賃貸業界に「黒船襲来」インド発のOYO(オヨ)ヤフーと本格参入

古くさい賃貸業界に対する黒船になりそう。
礼金・敷金・仲介手数料いらないのは画期的。
日本全国に早く広まって欲しい。
oyo 不動産賃貸業界に「黒船襲来」インド発のOYO(オヨ)ヤフーと本格参入

レオパレス問題のこのタイミングでOYO上陸は激アツ!
スゴイわ!!

OYO(オヨ)とは一体どんなサービス??

  • 数日間の試し住みができる。
  • 礼金・敷金・仲介手数料・水道光熱費がいらない。
  • 家具・家電とwi-fi、公共サービスが完備。
  • 契約がオンラインで完了。

まさに、コンセプト通りホテルのように部屋を選ぶだけ!!非常に便利ですよね。
サービスエリアは東京23区。順次拡大予定とのこと。

今、世間を賑わせているレオパレスとサービス形態は似ていますが、時代の流れ・ニーズに合っているのはOYOLIFEなんでしょうね。デュアル生活(2つの地域に拠点を持ち生活するというライフスタイル)が流行り始めていますし、SOHOの方にはうってつけ。

一般的な賃貸相場よりは1日当たりの賃料が高くなりますが、オーナー・借り手も双方メリットがありますので、今後伸びそうですね。気になる方はぜひ icon-arrow-circle-right サイトをチェックしてみてください。
youtubeチャンネルも開設したそうです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事