【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。
スポンサーリンク

ちょっと愚痴らせてください。

06d98ec29c6a7ff45f5858a19b8761ac-378x427 【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。

みずほ銀行ネット住宅ローンで本審査を受けた時の結果です(注目は赤枠内)

06d98ec29c6a7ff45f5858a19b8761ac-378x427 【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。

店頭表示金利▲1.8%ってことは適用条件は0.675%じゃねぇか。auじぶんも三菱も最優遇は取れずツライ・・

06d98ec29c6a7ff45f5858a19b8761ac-378x427 【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。

私が選んだのは三井住友信託銀行

皆さんこんにちは。
住まいるTVの春日です。

今回は私が新築マンションを買ったときの話。
「春日さんはどこで借りたんですか?」と質問をもらったのでお答えします。

私が選んだのは「三井住友信託銀行」
提携ローンを利用しました。
条件はこちら↓

金利タイプ 変動金利 融資手数料型「全期間一定金利引き下げ」
適用金利 店頭表示金利 年2.475%→年0.425%
団新特約 全入院保障付八大疾病保障(充実プラン)+年0.3%→年0.2%

三井住友信託銀行のHPで確認すると変動金利コースは年0.445%〜年0.995%(2022年4月時点:店頭表示金利から年▲1.48%~年▲2.03%融資手数料型)

団信の特約で全入院保障付八大疾病保障(充実プラン)特約100%給付型を選択すると+0.3%になりますが・・

提携ローンを利用することで0.625%(変動金利0.425%+団信特約0.2%)で借りることができました。

モゲチェック三井住友信託銀行の住宅ローンに向いてるのはどんな人?

住宅ローンランキングで表示されるのは最優遇金利。同じ銀行、同じ金利タイプでも審査次第で人によって適用条件が異なります。(↓はすごい住宅ローン探し|リクルート2022年4月時点

06d98ec29c6a7ff45f5858a19b8761ac-378x427 【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。

私が住宅ローン選びで重要視したのは「金利の安さ」「団信の保障内容」。だから金利の安さで人気のあるauじぶんとみずほで事前審査をやりました。しかし、希望の条件は通らず(泣

単に属性が悪いからでしょ?って思いますよねw

【希望条件】
・単独名義
・自己資金は1割(※妻は物上保証人)
・返済比率は手取り収入に対して25%以下
・がん団信は100%(保険の見直しで手厚くしたい)
・勤続10年以上(固定給制)
・他借入なし

一般的には無理な資金計画ではないと思います。妻も働いてるし。それでも最優遇金利が取れなかったのは会社の規模を見られたのかも知れない。

みずほとauじぶんはダメだったけど、他の銀行では最優遇金利の条件が出ました。このように属性によって銀行の見方も違うし、実際に審査を受けてみないと最優遇金利が適用されるかはわからないんですよね。

06d98ec29c6a7ff45f5858a19b8761ac-378x427 【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。

どこでも借りれる属性だったら・・。金利や団信特約の細かい比較をして、どこの銀行が最も良い条件か?実体験として語りたかったのに。私の場合は選択肢が少なかった。

なぜ変動金利を選んだの?

変動金利を選択した理由は「金利が安いうちに残債を減らしておきたい」「変動金利が上がった場合は繰上げ返済すればいい!」と思ってるからです。35年ローンにしましたが15〜20年で完済する計画を立てています。

詳しくはこちらの動画で解説してます。

団信も手厚くしたい私にとって条件が良かったのが三井住友信託銀行だったわけですが・・

短期間で確実に売却する予定であれば融資事務手数料が安い楽天銀行で考えただろうし、金利の低さだけで選ぶならネット銀行にしたと思います。

一般的な住宅ローンの選び方や団体信用生命保険の特約の内容については、住まいるTVか別記事で特集する予定です。

提携ローンについての基本的な内容はこちらの記事がわかりやすいです。
住まいのお役立ち情報審査や金利で有利? 住宅メーカーが提携している住宅ローンのメリットと注意点

06d98ec29c6a7ff45f5858a19b8761ac-378x427 【住宅ローン】不動産屋の私は提携ローンで組みました。

提携ローンは金融機関がハウスメーカーや不動産会社と提携し、その会社が取り扱う物件の購入者に融資する住宅ローンのことです。不動産会社や物件に対する信用度に基づいて企画された商品ですね。

 

新築マンションで住宅ローンを利用する場合は、提携ローンはセット商品だと思ってください。
※申込をする場合は提携ローンの事前審査が通ってることが条件
(主なメリット)
・住宅ローン特約が付けられる
・金利や事務手数料などにおいて独自の優遇条件が用意されている
・非提携ローンより借入額が伸びやすい傾向
・新住所で登記ができる
・審査期間が短い(銀行による)
・手続きが楽、不動産会社が手続きを代行してくれる

注意点は、事務手数料がかかる(5万前後)不動産会社や物件によって提携先が異なる。必ずしも非提携ローンよりも有利な条件になるとは限らないことです。

なので、住宅ローン特約を付けるためにもまずは提携ローンに申し込みをして条件を確認しましょう。
そこで本審査の承諾が得られれば最終的にどこで借りるか?はあなたの自由です。

非提携ローンと比較して自分にとって最適な銀行を見つけましょう。

住宅ローンの審査に通るか不安!という方は前にこんな動画作っているのでよければ参考にしてください。
最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう