スポンサーリンク

ちょっと更新が久しぶりになってしまいましたね(^^;)
最近は会社のHPをリニューアルするために制作活動がメインになってます。
文京区では知られた会社になりましたが、さらに飛躍するためにはWEBを主軸とした戦略が肝ですからね。

さて、HPを制作する上で参考になったりスキルアップに繋がりそうなセミナーやイベントには積極的に参加してるのですが、最近はAI(人口知能)やVR(バーチャルリアリティ)関連が多いですね。先日も行ってきました。

「AIを不動産にどう活かすか?」という議論は各所で行われ新サービスも続々と出てきてるけど賃貸関連が多いですよね。売買だとマンションの査定かな。(人工知能を使ったビッグデータの活用でリアルタイムに推定売却価格を知ることができるサービス)

この分野はとても興味深く何かしらでうちも導入したいけど、今はVRの方が現実的ですね。お客様からすると現地に行かなくてもWEB上で画像では分からない臨場感が体験できますからね。

賃貸だったら実際に内見しに行かなくてもVRで確認して、重要事項説明書もネット上で説明を受けて実店舗に行かないケースは増えるでしょうし。売買は価格が価格なだけに内見しないで買うというのはなかなか考えられないけど。

AIで物件紹介を受けてVRで確認しながら物件を探すというスタイルが近い将来定着するんでしょうね。営業は高度なコミュニ―ケ―ション能力とスキルを持った人間でないと生き残れないですね。まぁどこの業界でもいえることですが・・。

やることがたくさんあって今日はユルいブログですが次回からちゃんと書きます^^;ネタはこれにします。

あなたは戸建派?マンション派?

ポータルサイト「反響」から見る人気の物件種別

4tj6vwhe 人工知能|AIで不動産はどう変わる?

うちの会社はポータルサイト(自社HP除く)からの反響が毎月50~60件あるのですが圧倒的にマンションが多いんですよね。なんででしょうね。

私の周りは戸建派が多いんですけど、マンションより割高に感じるんでしょうか。特に土地売りの物件の反響数が低いのですが、おそらく更地を見ただけではイメージが出来ないのが一番で、一から建築するとなると価格も割高になり予算を超えるのでは?と思ってる方が多いんですかね。

お客さんからも質問をもらったので、「土地」「戸建て」「マンション」それぞれのメリット・デメリットをシリーズ化して記事にしますので、参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事